お先真っ暗?もしも仕事を辞めたら。再就職成功させるには

転職準備

転職活動はなるべく在職中に行う方がよいですが、もし先に仕事を辞めてしまったら。

今回はそんな状況に追い込まれた時についてお話させていただきます。再就職への成功は無職期間の過ごし方にあるのです。

ブランクを短く

仕事を辞めてしまった場合、まずは極力空白期間を作らないことです。次の仕事を早く見つけるよう心掛けましょう。

前の仕事を辞めてから3ヶ月以内ならば転職はそれほど難しくありません。転職サイトや人材紹介会社に登録してすぐに動きだせば内定はすんなり決まるでしょう。

しかし離職期間が半年以上ともなると、企業は空白期間が長い人材と認定します。人事からも「半年も休んでいるなんて何か問題があるんじゃないか?」と疑われてしまいます。

超大手の人材紹介会社でもブランクは半年までが理想としており、それ以上となると紹介する案件がないと登録をお断りをしているケースもあります。

もう半年以上経ってしまった方は仕方ありませんが、休職期間が短い方は今の内に就職活動にとりかかりましょう。

就職支援サービスを利用しよう

無職期間が短い方も長い方も、まずは転職サイトを利用するか人材紹介サービスを利用しましょう。転職サイトは必ず数通りの会社を利用して下さい。

これは会社毎に独自案件を抱えている為です。1つだけに絞ると自分に適した良い求人が他で掲載されているかもしれないのに見逃してしまう可能性があります。

出来る限り多くの求人情報を集めるようにしましょう。

また転職サイトよりお勧めなのが人材紹介サービスです。転職コンサルタントと面談をすることで、私たちの希望や魅力を汲み取り、適した企業を紹介してくれます。

必要な書類選考や、面接対策、スケジュールの調整も全て無料で行ってくれるので、1人での就活に頭打ちした方や、先が一切見えていない方には打ってつけです。

転職コンサルタントが再就職までの正しい道しるべになってくれるので、道を踏み外しません。再就職を成功させるならば是非利用してみましょう。

無職生活で注意すること

空白期間を空けないようにとりあえず動くこと、転職サービスを利用すること。この2つを行えば再就職は可能でしょう。

ただ就活以外の部分で無職期間は辛いものです。

周りの友達が働いているのに自分だけ仕事をしていないと悲観的になりますし、不採用になると就活のモチベーションも下がってしまいます。

そうやって気持ちがズレ始めると結果的に再就職から遠ざかってしまうのです。ですから、以下の3つに注意して下さい。

生活を律する

まずは規則正しい生活を心掛けましょう。無職になると、ついつい夜更かしをしたり昼間にダラダラしたりと、生活が乱れがちになります。

始めはそれでも構いませんが、徐々にその生活に慣れてしまいます。そうなれば元に戻すのに、社会復帰するのに相当のパワーが必要となります。

1馬力で社会に復帰できたものを、社会からどんどん離れてしまっている為、2馬力も3馬力も必要になってきます。

夜は早く寝て朝は早起き。これらを心掛けましょう。

また無職期間の生活は鬱病とも密接な関係にあります。自分はうつ病とは程遠い性格と思っている方も多いと思いますが、そういう人こそ危険です。

体が出している危険信号をキャッチできていない可能性があるからです。うつは誰にでも起こりうるもので、無職の生活にはそれを引き出す要素が山のようにあります。

無職期間の就職活動は孤独との戦いです。どうしてもネガティブになります。なので規則正しい生活をするという事はとても大事な事なのです。

運動をする

規則正しい生活をするに近い内容ですが、1週間に1回でも2回でもよいので体を動かす事を心掛けましょう。

先程挙げたように病気にならない体や心を作る為といった理由もありますが、就職が決まってからも必要なものです。

例えば営業職、特に夏場は体力仕事といっても過言ではありません。真夏の太陽が降り注ぐ中、朝から晩まで営業先に出回ります。

すぐに商談が成立すれば問題ありませんが、1件1件それなりに体力と精神力を使いますので、疲れも出やすいでしょう。

更に売上が悪ければ、あるいは何か問題が起これば休日にも出勤する事があります。

無職でほとんど何もしていなかった体を急にそのような過酷な現場へ駆り出せばすぐに限界がきてしまいます。そして仕事が嫌になり、またも転職する事が頭をよぎります。

これじゃあ何の為に転職したのか分かりません。いつでも動けるよう、無職期間といえどもある程度体を動かす事を心掛けましょう。

ポジティブシンキングで自分と向き合う

それほど時間がかけられる訳ではありませんが、無職期間は自分と向き合う最高のチャンスともいえます。

今は同級生達がバリバリ仕事をしている時期ですので焦る事もあると思います。ただ、その同級生達の何%かも何処かで転職を決意します。早いか遅いかの違いでしょう。

なら自分は少しでも早く転職について考える事ができており、なんならすでに転職の準備にとりかかっている。そう考えると逆に1歩先に行ったような気さえしませんか?

もちろんここで優越感に浸っている場合ではありません。現時点では1歩遅れている状況です。ただ一度しっかりと自分と向き合って下さい。

何故前職を辞める事になったのか?辞める理由は何だったのか?それはどうすれば解決出来るのか?

また短期職歴といえども一度社会に出て働いた訳ですから、自分は何の仕事が向いているか、あるいは向いていないのかくらいは分かったと思います。

では次は向いてる仕事を、頑張れる仕事を選ぶべきです。

給料が高いからとか、簡単に入社できそうだからとか闇雲に仕事を決めてはいけません。本当に続けられる仕事をここで選びましょう。

職種業種が決まれば上記で紹介したような転職サイトや人材紹介サービスを利用して求人を探しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました